• ホーム
  • 中部屋と角部屋の違いを徹底検証!どちらがおすすめ?

中部屋と角部屋の違いを徹底検証!どちらがおすすめ?

マンションを決める時に迷うことの一つに中部屋と角部屋があります。

これらにはそれぞれメリット、デメリットがあります。まず中部屋のメリットですが、両脇に部屋がある分冬はあったかく、夏は涼しくなるため、過ごしやすい気温を保つことができます。エアコンなどの熱が伝わるため気温の変化が少なく、光熱費を節約することもできます。その反面角部屋は二面が外に面しているため、夏は暑くなりやすく、冬は寒くなりやすいです。気温的な住みやすさでいうと中の方が優れています。さらによくマンションで問題になる騒音面でも中と角で違いがあります。

中部屋は隣人の騒音が気になることが多いですが、角部屋は外の騒音が気になることが多いです。これは中部屋の二面が部屋に接しており、角部屋の二面が外に接しているために起こります。そのため大通り沿いなどに住もうとしているのであれば中部屋の方がいいですし、外の音があまりないところであれば角部屋の方がお勧めです。他にも物件数にも違いがあります。角は一つの物件に対して二つしかないのに対して他の部屋はその倍以上あります。そのため角は家賃が高くなる傾向にあり、部屋の条件もあまり選べません。中であれば自分の条件にあった部屋を探すのが容易です。また中の部屋は家賃も安い傾向にあるため、節約したい人にはそちらをお勧めします。眺めや日当たりにこだわるのであれば角がお勧めです。角は窓が二面あるため眺めがよく、日当たりも良いです。

ですので眺めを楽しみたい人や、明るい部屋が好きな人は角部屋が人気です。また窓が多いため換気もしやすいです。綺麗好きな方や、喘息などがあり埃っぽい空気が苦手な方などは角の方が良いでしょう。他にも角部屋は中部屋と違い、自分の用事以外で玄関前に人が通ることがありません。中の部屋であれば別の部屋の用事の人が前を通ることがありますが、角はそのようなことがありません。そのためプライバシーの面で優れているといえます。角の部屋は中の部屋に比べて面積が広く、収納スペースも充実していることが多いです。そのため荷物が多い人や部屋を広々と使いたい人には角の部屋が人気です。

このように角の部屋と中の部屋はそれぞれ騒音や、空気、プライバシーや温度、費用などいろんな要因にそれぞれメリット、デメリットがあり、それらをしっかりと把握した上で自分がどちらの住みやすさが上なのかを決める必要があります。またどちらかのデメリットはどちらかのメリットであることが多いので、譲れない条件を決めてそれに合う方を探すというのも一つの手です。