• ホーム
  • マンションは新築か中古か?賃貸か購入か?

マンションは新築か中古か?賃貸か購入か?

高級なマンション

いざマンションに住むとなると浮き上がってくる問題に新築か中古かというものがあります。また、賃貸にするのか購入するのかというのも悩みのひとつです。

まず新築と中古の選び方の基準ですが、基本的に中古のマンションは新築に比べて費用がかかりません。

そのため安く手に入れたい場合は中古が人気になっています。しかしことの時に注意しなければならないのが、リフォームの必要性についてです。古い物件の場合、建築基準などが最近のものに適合していないことがあります。その場合その基準に合わせる必要があるのですが、人によってはその代金を自己負担しなければいけないことがあるのです。その場合新しい物件を買った方が安くなることもあります。ですので古い物件を買う場合は一度下見を行いリフォームがどのくらい必要なのかを把握しておくことが大切です。

次に新築についてですが、新しい物件の大きなメリットは設備の充実です。最近の物件ではオール電化のものやIHなどの最新設備が揃っています。耐震設備なども最新のものを揃えているため、安心して暮らすことができます。またマンション自体が新しくできているためセキュリティなども万全です。新しい物件は登録抽選方式と先着順方式に分かれており、前者の場合は期間内であればいつでも大丈夫ですが、後者は早い者勝ちのため日頃から物件を調べておく必要があります。新しい物件は設備などが新しい分、中古よりは高い値段がつくことが多いため、しっかりと考えることが大切です。

購入か賃貸かによっても変わってきます。例えば購入する場合は固定資産税が発生するため、新築のような建物の価値が高い物件は税金も上がってしまいます。それに一度購入してしまうと下取りに出さない限りはそこで一生暮らすことになります。そうなると最初は見落としていた細かい問題が大きな不満になってしまうのです。

しかしそのような問題の多くは賃貸であれば解決することができます。固定資産税は賃貸の場合、大家に支払いの義務があるため、借りる側は家賃を払うだけで済ますことが可能です。またその物件で人間関係のトラブルや物件自体の問題などがあった場合、賃貸であればすぐに別の物件を探すことができます。またいつでも引っ越すことができるため心の余裕にもつながります。

このようにマンションを新しいものにするのか、古いものにするのかは購入か賃貸かなど様々な選び方があるので自分に合わせたものを選ぶことが大切です。