• ホーム
  • マンションの2階を選ぶメリット、デメリットのまとめ

マンションの2階を選ぶメリット、デメリットのまとめ

マンションには高層マンションや低層マンションがありますが、どちらにも2階はあります。
この2階というのはメリット、デメリットがあります。まず一つは楽に上がれることです。

高層マンションや低層マンションでも上の方になると階段では面倒ですが、二階であれば階段ですぐに登ることができます。それにエレベーターを待つ時間が必要ないため、時間の短縮にもなりますし、急いでいる時などに階段で降りられると便利です。プライバシーが守られるというのも二階のメリットです。一階に住んでいるとどうしても外から見えてしまうことがありますが、二階であればそのようなことはありません。加えて害虫なども一階に集まりやすく、二階にはあまり集まりません。そのため虫が苦手な人は二階に住むことをお勧めします。防犯面でも一階と違い上にあるため空き巣も入りません。

洗濯物などを干す場合も周りに見られないので、思う存分に干すことができます。排気ガスも上がってこないため汚れることもありません。他にも雪や雨などが降った場合一階は浸水や積雪の被害を受けることがありますが、二階はほとんど受けません。予算も階数が下の方なので高層階に比べると抑えることができます。

さらに上下に住んでいる人が冷房や暖房を使うため、比較的過ごしやすいです。しかし二階は周りに建物が多いと景色が悪くなったり、上下に人が住んでいるため、騒音が気になることもあります。また下の人に気を使ってあまり物音を立てられませんし、光も届きにくいです。また地域によってはゴミ出しなどをするために一階まで降りる必要があるため、そのような際は面倒に感じることがあります。他にも日用品などの少し重いものや、家具などの重いものを買った際に一階とは違い、上に運ばないといけないので負担がかかります。階数が低いためエレベーターを使う際に少し躊躇してしまうということも起こります。

このようにマンションの二階を選ぶのには普段の生活や災害時などの移動、騒音、気温、予算など様々なメリット、デメリットがあり、地域になってはゴミ出しの時にわざわざ階下まで降りる必要があったりするため、事前にそのマンションのことをしっかりと調べ、どのような時に二階だと便利で、どのような時に二階だと面倒なのかをしっかりと考えておく必要があります。また周りに住んでいる人がどんな人なのかも事前にチェックすれば、騒音で悩むリスクも減らすことができます。