色々な高級なマンション

ある程度生活が安定してくると欲しくなるのが自分の家です。
ですが多くの人が一戸建てを買うかマンションを買うか迷ってしまいます。この2つの住居にはさまざまな違いがあります。ですのでしっかりと違いを理解し、どれが自分に合っているのかを考えるのが大切です。

最初に考えるのはセキュリティです。
このセキュリティがしっかりしていない物件は空き巣などの被害に遭う可能性が高くなるため、重要な判断基準の1つと言えます。それぞれの違いはマンションはオートロックやロビーのあるところが増えたため、知らない人は立ち入れなくなっていることが多いです。一軒家の場合は柵などや防犯カメラ、インターホンの強化などによりかなり安全性が高まっています。ではこの場合何を基準に判断するべきなのかと言うところなのですが、大切なのは家族構成です。

例えば一人暮らしで家を空けておくことが多い場合は、出来るだけ人の出入りがないマンションの方がいいですし、家族などで住む場合は一戸建ての方が良いとされています。しかしどちらにもメリット、デメリットがあります。マンションであれば、いちいちロビーのインターホンから対応してさらに家の前でも対応しなくては行けないので二度手間になってしまいます。また、一戸建ても周りに侵入しやすい環境があった場合はインターホンなどの対策が効きにくい場合もあるため、必ずしもどちらも安全とは言えません。

マンションの場合はほかの階層のメンテナンスなども行われたりします。そのメンテナンスの音などが騒音の問題を引き起こすこともあります。

また税金のことに関しても知っておくことをお勧めします。住宅などの固定資産には固定資産税というものがかかります。これは住宅そのものの価値と土地の価値を総合的にみて判断するものなのです。では具体的にどのような違いがあるのかというと、マンションは鉄筋コンクリートで造られていることが多いため、建物の価値が高いと見なされてしまうので固定資産税が一戸建てよりも高くなってしまうことが多いです。これは逆に言うと価値が下がりにくいと言うことなので、売却をする際はマンションが有利になります。

もう一つ考えていただきたいのは災害についてです。地震や台風だけでなく、雪なども考えると庭などがある一軒家は雪かきをする必要がありますし、庭がない場合でもガレージなどがあるとそこも必要になります。このように一軒家とマンションにはメリット、デメリットがあるためセキュリティや災害など様々な点を考慮する必要があります。またプライバシーの問題もあります。マンションはすぐ隣に他人が住んでいるためプライバシー関係の問題が起こることも考えられます。

アーカイブ
サイト内検索